ブログ

CHK「ホメオパシー春の会」でお話させていただきました。

先日、クラシカルホメオパシー京都の10周年記念講座「ホメオパシー春の会」で卒業生の一人としてお話させていただきました。

何をお話したらいいのだろうか・・・?と考えていたら、参加される方が入学検討者、1、2年生が主ということだったので、その当時の私に向けたメッセージを考えたらいいのではと思い、

「自分ではなくホメオパシーに自信を持つ。」

というテーマを決め、そのような内容にしてみました。
続きを読む »

クラシカルホメオパシー茶話会(入門講座)を終えて

クラシカルホメオパシー茶話会(入門講座)無事開催&終了しました。

少人数で、とても満たされた良い会になりました。
ありがとうございました。

今回感じたことは、参加人数が多い方が良いということは決してなく、
一人一人にとって何かしらの気付きになれるかどうかという質が大切なのだと思いました。
これは、ホメオパシーのレメディをたくさん飲めば良いというものではなく、
質の問題ということと同じなのかもしれないと思いました。

参加者さまのみなさん、とても穏やかで優しい方々でしたので、
終始和やかに過ごせました。

また、それぞれのホメオパシー体験、他の療法体験を交えながら
参加者さま同士でお話しされたり、今現在のお悩みなどを語られたり、
涙されたりもあり、そこには講座を超えた癒しもあったように思います。
開催して良かったと思いました。

続きを読む »

ホメオパシーのインドビデオセミナーに参加してきました

現在のホメオパシー最先進国はインドということで、インドの最先端のメソッドに触れるべく、
CHKのインドビデオセミナー第2回目も前回に引き続き参加しました。

巨匠ホメオパス、Dr. サンカランの自信。
すごいです。気持ちが良かったです。クリア、確信、疑う余地なし、スッキリ。
それだけの経験と確実な根拠があるからですよね。
Dr. サンカランの新しいアプローチ、「Synergy シナジー(相乗効果)」という「症状」「システム」「ジーニアス」のトライアングル(三角形の図)を利用して具体的なケースを3件紹介くださいました。

クライアントさんを感じて理解し、全部が繋がっているところまで掴めないとレメディにたどり着かない、ということを改めて知ることとなりました。

続きを読む »

国際セミナーに参加してきました

CHKの国際セミナー2日目に参加してきました。
丸一日の長時間にもかかわらず、とても楽しく充実していて時間が過ぎるのがあっという間でした。
京都の蹴上・京都市国際交流会館の会場で、庭園を眺めながら受講できました。
朝の景色~夜の景色まで一日の時の流れと気温を感じられて良かったです。
3年制コースの授業も同じ会場でしたが、こんなに景色を身近に感じながら受講出来たのは初めてかも?

アメリカから来日されたJo Daly先生、素晴らしかったです!
「マヤズム」という、ホメオパシーを勉強している人でさえ
よく分からない、理解できないものを分かりやすく伝えて下さいました。

続きを読む »

1 / 11
このページの先頭へ