• HOME
  • ブログ > クラシカルホメオパシー茶話会(入門講座)を終えて

ブログ

クラシカルホメオパシー茶話会(入門講座)を終えて

クラシカルホメオパシー茶話会(入門講座)無事開催&終了しました。

少人数で、とても満たされた良い会になりました。
ありがとうございました。

今回感じたことは、参加人数が多い方が良いということは決してなく、
一人一人にとって何かしらの気付きになれるかどうかという質が大切なのだと思いました。
これは、ホメオパシーのレメディをたくさん飲めば良いというものではなく、
質の問題ということと同じなのかもしれないと思いました。

参加者さまのみなさん、とても穏やかで優しい方々でしたので、
終始和やかに過ごせました。

また、それぞれのホメオパシー体験、他の療法体験を交えながら
参加者さま同士でお話しされたり、今現在のお悩みなどを語られたり、
涙されたりもあり、そこには講座を超えた癒しもあったように思います。
開催して良かったと思いました。


ホメオパシーは、開催側が一方的に伝えるものではなく、
みんなで考えて話し合う中で、それぞれの中に気付きが起こって
癒されるものだと改めて思いました。

それはどこかセッションのようでもあるように思いました。
2時間半でこのような空間になれ、
ホメオパシーの持つ力の素晴らしさを改めて感じることが出来ました。

初めての講座開催でこのような感想を持つことができて幸せです。

参加者さま、場所を提供くださった愛農人さん、
宣伝&応援くださったホメオパシー仲間とクラシカルホメオパシー京都の先生方、
一緒に開催した仲間さん、本当にみなさま、ありがとうございました。

また今後も企画開催していきたいと思います。

▼参加者さまのご感想

ホメオパシーの事はほとんど知らない状態で参加させてもらったけど、
実際にホメオパシーを取り入れてらっしゃる方のお話を聞くことができたので、
とてもよかったです。
個人的なお話も少人数だからこそできたことと、
皆さん温かい方ばかりで、すべてを受け入れてくださる空気感が安心できました。
自分の思いを言葉に出すことも大切だなぁ、と改めて感じました。
本当にありがとう。

ホメオパシー茶話会の様子

 


コメントをどうぞ

このページの先頭へ