ブログ

レンブラントの絵とセピア

rembrandt
先日、神戸市立博物館で開催中のマウリッツハイス美術館展に行って来ました。
フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」とても魅力的でした。
あの光の陰影が素晴らしいのかなぁ~。
角度を変えて色々な方向から観てみたのですが、どこから観ても少女に見つめられている気がしました。
片目ずつ光を描いている角度が違うからでしょうか。
ターバンや真珠という不思議な組み合わせだからでしょうか。
写真や印刷物ではあの絵の魅力は伝わらないですね。
本物は全然違っていました。
他のどの絵よりもシンプルで、ずっと観ていられるような絵でした。

そしてもう一つ私が楽しみにしていたのはレンブラント。
レンブラントの自画像、若い頃と老年のものとが展示されていたのですが、どちらも髪の毛はモクモクと柔らかく描かれていました。
そのモクモクした感じが、まさにイカが墨を吐いたような(イカ墨のような)、墨汁みたいな感じでした。


印象としては観ていて安らぐ絵ではありませんでした。
この全体のモクモク感のせいなのか、気難しそうな表情のせいなのか、ずっと観ていると、なんだか寒くて暗い気持ち、イライラしてきそうな怖い感じがありました。
笑った顔の絵もあったのですが、少し奇妙で不気味、馬鹿にされているような感じがしました。

今回私が観たマウリッツハイス美術館のレンブラントの若い頃の自画像は、弟子による模写だそうです。
誰かは分からないそうですが、非常に精巧だそうです。原作が模写と間違われた時もあったとか・・・。
(このブログの絵は、原作です。私が観た模写とそっくり!)

レンブラントはコウイカの墨から作られたインクを愛用していたそうです。
そこから「レンブラント・インク」と呼ばれるようになりました。
ホメオパシーではSep.(セピア)というレメディでお馴染みです。こちらもコウイカの墨が原料です。

このイカ墨のレンブラント・インクを使用して舐めていたハーネマン(ホメオパシーの提唱者)の友人の画家に落ち込みと冷淡さの症状があり、インクを舐めるのをやめさせたら治ったそうです。
そこからレメディSep.を作りました。

私、アホなんですが、「セピア色」ってこのイカ墨のセピアからきていたんですね!
今回初めて知りました~。初めは黒茶色で時間が経過すると、あの薄茶色になっていくんですね。

レメディのSep.は、精神・感情・身体などが停滞している人にマッチします。
混乱、思考困難、鈍さ、無関心、循環障害。
コウイカの生態のような感じで、普段は敵から身を守るためにじっと岩陰に隠れているのですが、敵に追われる時、獲物を追う時に素早い動きをします。
今まで活動的で仕事バリバリだった人が、家庭に入って身動きが取れなくなると調子が悪くなる人。
激しい運動・ダンス、仕事の尽力で良くなります。
コウイカの形が子宮に似ていることから子宮の問題にも関係しています。

私が今回、レンブラントの絵を観た感想がSep.の感情かもしれません。
また、インクのセピア色のように、昔は濃かったのが今は薄くなっている。
なんだか切ない。弱い。泣けてくる。そんなイメージもあるのかもしれないと思いました。

あと、コウイカは敵から逃げるのに墨を噴出するのですが、海水に拡散するような墨ではなく、焦げ茶かかった黒い塊を出して、ダミーの役割を果たすそうです。
このダミーな感じが、レンブラントの絵の精巧な模写とも重なる気がして面白いです。

 


コメントをどうぞ

このページの先頭へ